リュー帝国は2013年にLGに入団した。

スペインのメディア「ディペンサ・セントラル」が23日(韓国時間)、スペインの巨艦「レアル・マドリード」がイ・ガンイン(21)に関心を持っていると報じた。

李康仁は、バレンシアの再契約提案を拒否し、2022年まで契約を結んでおり、次の夏の移籍市場では、移籍の可能性が大幅に高まっている。

李康仁(イ・ガンイン)は、キーパスで決勝ゴールを手伝っただけでなく、ドリブルと脱圧能力で見る人々を魅了した。Deporte Valencianoは “Balenciaのトップレベルの選手”を賞賛した。レアル・マドリードの移籍説もセルタビゴ戦以来出てきた。

英国のメディアよりハードタックルはレアル・マドリードが川人を迎え入れたい理由がいくつかと分析した。

「今シーズンのリーガで新興スターの1人だったので、バレンシアを離れることは驚くべきことではない」とし「リーガイはチャンスを創出する能力と前進する能力に加えて、「9番」から3線まで走ることができる。レアル・マドリードが魅力を感じる部分だ」と説明した。

続いて「レアル・マドリードはガレス・ベール、ハメス・ロドリゲス、ルカ・ヨビッチが去った後、今シーズンの攻撃オプションが確実に不足している。ジネディンジダン監督は、エスコを使わずマルコ・アセンシオは負傷している」とし「スポーツ的視点でもアセンシオをはじめ、ビニシウス、そしてアーセナルに賃貸されたマルティン・ウェデガルドのように競争を必要としていた選手たちがいるので、イガンインの合流は意味がある」と付け加えた。

また、「イガンインは、マーケティングにも活用することができる」とし「ソン・フンミンの急浮上後、サッカーが注目されている母国韓国をはじめ、数百万人のアジアの視聴者を確保することができる」と主張した。

川の人々は、レアル・マドリードだけでなく、マンチェスター・シティの関心も受けるなど、株価が上がっている。デフォルテ・バレンシアノは「可能な限り早く川の人と再契約しなければならない」と促した。

メジャーリーガーの秋信守(39)がSKワイバーンズを買収した新世界グループと電撃契約、今年KBOリーグに帰ってきて、2007年「海外派特別指名」の歴史も仕上げられる。秋信守が最後にKBOリーグを走ることになった。当時1位指名権を選んで秋信守を指名したSKは、なんと14年が経って実を結んだ。

KBOは1998年以降、アマチュア有望株が大挙海外進出をしよう、これを防ぐために「海外派復帰2年猶予制度」を作った。1999年1月以降、海外に進出した選手たちが国内復帰を希望する場合には、最終的な所属チームとの契約が完全に終了した時点から2年の猶予期間を経なければならないという内容だ。

2007年4月、KBOはリーグ中興のために2年間の猶予期間なしにすぐに韓国復帰が可能な「海外進出選手特別指名会議」を開いた。当時、多くの選手が復帰を希望していた。

KBOは1999年以来、海外に進出し、5年が経過した選手7人を対象に決めた。チェフイソプ、ソンスンジュン、金炳賢、秋信守、類帝国、チェテイン、イスンハクだった。

軟膏地域内の選手が多かったKIA(チェ・ヒソプ、金炳賢)とロッテ(ソン・スンジュン、秋信守、チェ・テイン、イ・スンハク)はそれぞれ軟膏選手優先指名権を受けた。KIAは崔熙燮を指名し、ロッテは宋承準(チュ・スンジュン)を選んだ。 (ロッテは秋信守がすでにクリーブランドで主力としてプレーしているため、韓国への復帰の可能性は低いと判断した。すでに帰国して、直ちに戦力感のソン・スンジュンを指名した)

残りの5人の選手を置いて6つの球団が抽選で順番を選んで指名した。1位を選んだSKは秋信守、2位LGは柳済国、3位斗山は李承学、4位三星はチェ・テイン、5位現代ユニコーンズ(現育てる)は金炳賢を指名した。ハンファは「クァン」である6番を抜いて手ぶらに戻った。

当時、金寅植(キム・インシク)ハンファ監督は「指名権を受けられない球団には、他の補償を与 스포츠중계 える案をKBOが事前に議論し決定すべきだ」として強く不満を表わした。「クァン」を抜いて手ぶらで帰ってきた球団のフロントに向かってもKBOに正しく抗議すらできなかったことをめぐり苦言をした。

2007シーズンを控えてチェフイソプ、ソン・スンジュン、イスンハク、チェテインはそれぞれ指名権を行使したチームと契約してKBOリーグに復帰した。以後金炳賢が2012年ネクセンと契約し、類帝国は2013年にLGに入団した。

その間秋信守はメジャーリーグでホータジュン族に成長し、2013年シーズンを終えてFA資格を得て、テキサス州と7年1億3000万ドルの大ヒット契約を決めた。昨年を最後に秋信守のFA 7年契約が終わって、SK球団を買収した新世界グループが積み込むをしながらスターマーケティングのために秋信守の韓国復帰を積極的に説得して実を結んだ。

一方、「ブーム」を選んだハンファは、2012年シーズンを控えて「コリアン特急」朴賛浩が国内復帰を推進しよう、KBOと他の球団は、別のドラフトなしで朴賛浩が故郷のチームハンファでプレーすることに同意した。2007年海外派特別指名で何も得られなかったハンファに一歩遅れて補償が与えられたわけだった。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다